« 久しぶりにCDレンタル | Main | 圏央道と中央道が直結 »

Jun 29, 2007

祝!世界遺産登録決定!>石見銀山

島根県にある石見銀山遺跡とその周辺の地域が、日本で14番目の世界遺産として登録されることが決まりました\^o^/

 

国際記念物遺跡会議「イコモス」が5月に「登録見送り」を勧告するなど逆風が吹いていただけに、それを乗り越えての登録は嬉しいものがありますね。

--

戦国時代から江戸時代にかけて良質の銀が産出し、「石見銀」としてその当時の世界各国との貿易に使われるなど輝かしい歴史を誇る石見銀山。

 

銀の産出量に比例して、にぎわった銀山の街も静かになっていきますが、このことが当時の古い町並みを今に残す形となっています。


銀を運び出した港のある温泉津(ゆのつ)は、小さな温泉街ですが、良質の温泉が湧き出すどこか懐かしい感じがする場所です。

 

これから観光客が押し寄せてにぎやかになるかと思いますが、遺産を守るという大きな責任も負うことになりますので、維持しつつ観光の発展につながればいいなぁ……と思います。

 

それから「名所・旧跡めぐり」では、昨年冬に石見銀山遺跡のことを記事「もうすぐ世界遺産登録へ!石見銀山【島根】」で紹介しています。

もしよろしければあわせてご覧頂けると幸いです。

 

●石見銀山・大森地区の町並み(2004年当時)
石見銀山・大森地区の町並み/2004.7.15

|

« 久しぶりにCDレンタル | Main | 圏央道と中央道が直結 »

◆記事の紹介」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

Comments

記事拝見しました!
この写真をを見て「せっかく風情があるのに、電柱と電線が邪魔すぎるー!」とイラッとしたのですが、地中に埋める計画なんですね。
なぜかホッとしました(笑)

Posted by: 運営スタッフ GERU | Jul 02, 2007 at 10:36

GERUさん、こんにちは。記事を見て頂いたとのこと、ありがとうございます。

確かに電線と電柱が目立ってますが、記事を書いている段階で工事していたそうなので、もうなくなっているでしょう。
今朝の新聞記事でこの町並みをたくさんの人が歩いているのを見ました。
これからブームになるのかどうかが気になるところですネ。

Posted by: 村田@名所 | Jul 03, 2007 at 08:08

The comments to this entry are closed.

« 久しぶりにCDレンタル | Main | 圏央道と中央道が直結 »