« May 2010 | Main | July 2010 »

Jun 30, 2010

週刊アスキー 7月13日号「All About カリスマガイドが選ぶベスト5」に掲載

昨日(6月29日)発売になりました雑誌 『週刊アスキー』7月13日号

この中のRANKINGコーナーの中にある「All About カリスマガイドが選ぶ ベスト5」において、名所・旧跡ガイドから

『この夏見ておきたい花のある風景 BEST5』

を掲載しました。

"花のある風景"は春だけではなく、夏だって楽しめます。
日本国内にある夏の花の名所から、私が5ヶ所をセレクトして紹介しています。

後半のページにございますので、お手に取って読んでみて下さいませ。

◇週刊アスキー 7月13日号の表紙と特集一覧はこちらに…
 http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/021/21719/

以上、ご報告でしたhappy01

| | Comments (0)

Jun 28, 2010

2010 桜の余韻:京都/嵐山公園(その2)

引き続き嵐山公園の桜です。
雲一つない青空の下、桜の花の色が映えますね。

●嵐山公園の桜(2010年4月4日撮影)
嵐山公園の桜(4)/2010.4.4

嵐山公園の桜(5)/2010.4.4

| | Comments (0)

Jun 26, 2010

2010 桜の余韻:京都/嵐山公園(その1)

再び京都に戻ってきました。

最終日ということもあり、朝から嵐山へ向かいます。
渡月橋の向こうにある嵐山公園では、桜がちょうど見頃でした。

●嵐山公園の桜(2010年4月4日撮影)
嵐山公園の桜(1)/2010.4.4

嵐山公園の桜(2)/2010.4.4

嵐山公園の桜(3)/2010.4.4

| | Comments (0)

Jun 24, 2010

2010 桜の余韻:夜の大阪城

姫路城を後にして神戸・新長田に立ち寄った後、大阪城にやってきました。

既に夜の帳が下りている中、ライトアップされている大阪城と桜の組み合わせです。

●夜の大阪城と桜(2010年4月3日撮影)
夜の大阪城と桜(1)/2010.4.3

夜の大阪城と桜(2)/2010.4.3

| | Comments (0)

Jun 22, 2010

2010 桜の余韻:姫路城(その4)

天守閣から下りてきて、桜と城のとりあわせを眺めつつ、入城口まで戻ることに。

●姫路城と桜(2010年4月3日撮影)
姫路城と桜(6)/2010.4.3

姫路城と桜(7)/2010.4.3

姫路城と桜(8)/2010.4.3

下りてくるときは、そんなに待つこともなかったのですが、登城のためにたくさんの人が行列をなしたまま…というのは驚きでした。

また改めて来たいなぁ…と思いつつ、姫路城を後にしたのでした。

| | Comments (0)

Jun 20, 2010

2010 桜の余韻:姫路城(その3)

やっとの思いで天守閣に入り、一番上を目指します。
入場人数の制限もかかり、上にたどりつくまで時間がかかりましたね。

そして、天守からの眺めを堪能。
城内に咲く桜の花がきれいです。

●姫路城天守閣から眺める桜(2010年4月3日撮影)
姫路城天守閣から眺める桜(1)/2010.4.3

姫路城天守閣から眺める桜(2)/2010.4.3

姫路城天守閣から眺める桜(3)/2010.4.3

しばらくの間、平成の大修理で見納めになりますが、再度登城できるのを楽しみにしたいと思います。

| | Comments (0)

Jun 18, 2010

「長崎の教会めぐり」の記事をアップしました

今月の新しい記事をアップしました。

ご紹介しているのは「長崎の教会めぐり」

キリスト教にゆかりの深い長崎には、戦国時代からのキリシタン禁教令などの苦境を乗り越えて数多くの教会があります。
歴史的背景や建物の美しさから注目を集めていて、世界遺産の暫定リストにも掲載されている所もあるんですよ。

今回は長崎にある6つの教会をご紹介しています。長崎へお出かけの際にお役に立てると嬉しいです♪

●大浦天主堂(2010年6月撮影)
大浦天主堂

◇歴史を重ねてきた美しい長崎の教会めぐり
http://allabout.co.jp/gm/gc/177793/

| | Comments (0)

Jun 16, 2010

2010 桜の余韻:姫路城(その2)

入城のためのチケット購入に並び、ようやく買えた後もずっと人の流れに沿って進むという状態の姫路城。

その分、ゆっくり城内を見ることができたのかな…という気がします。

●姫路城と桜(2010年4月3日撮影)
姫路城と桜(4)/2010.4.3

姫路城と桜(5)/2010.4.3

#でも天守閣にたどりつくまでに2時間かかるとは…coldsweats02

| | Comments (0)

Jun 14, 2010

2010 桜の余韻:姫路城(その1)

清水寺のライトアップで終えた初日。
翌日は京都を離れて電車で2時間ほどかけて姫路へ移動。

平成の大修理が始まる直前の姫路城と桜を見にきました。
民族大移動と見間違うかのような人出ですが、桜は見頃で良かったです。

●姫路城と桜(2010年4月3日撮影)
姫路城と桜(1)/2010.4.3

姫路城と桜(2)/2010.4.3

姫路城と桜(3)/2010.4.3

| | Comments (0)

Jun 12, 2010

日本経済新聞 日経PLUS1(6/12付)に協力

日本経済新聞の土曜日朝刊の別刷り「日経PLUS1」にて、6月12日付の「何でもランキング」では「眺めが素晴らしいタワー展望台」を特集。

このランキングに関してお声がけを頂き、選者の一人として協力致しました。

日本経済新聞を購読されていらっしゃる方でお手元に「日経PLUS1」がありましたら、選者のリストの中に*名前だけ*しっかり出てますので、探してみて下さいませ。

※なお日本経済新聞のWeb刊でも、読むことができるようになっています。

以上、ご報告でしたhappy01

| | Comments (0)

Jun 10, 2010

2010 桜の余韻:京都/清水寺・ライトアップ

哲学の道からバス通りに出て、錦林車庫前から一気に南へ下ります。
下りたのは清水道。
すっかり暗くなった中を歩いて、清水寺のライトアップを見に来ました。

●清水寺のライトアップ(2010年4月2日撮影)
清水寺のライトアップ(1)/2010.4.2

清水寺のライトアップ(2)/2010.4.2

清水寺のライトアップ(3)/2010.4.2

清水寺のライトアップ(3)/2010.4.2

さすがに人は多いですが、桜もいい感じでライトアップされていましたね。
風がなかったので、水面に桜が映るさまが特にきれいでした。

| | Comments (0)

Jun 08, 2010

眼鏡橋と紫陽花

五島・長崎3Daysを終えて、日曜の夜に帰ってきています。

最終日に訪れたのは、長崎市内の観光スポットとして良く知られている眼鏡橋。
日本最古のアーチ式石橋だそうです。

●眼鏡橋(2010年6月6日撮影)
眼鏡橋/2010.6.6

さらに眼鏡橋のすぐそばで色とりどりに紫陽花(あじさい)が咲いているのを見ることができました。

●眼鏡橋と紫陽花(2010年6月6日撮影)
眼鏡橋とあじさい(1)/2010.6.6

眼鏡橋とあじさい(2)/2010.6.6

紫陽花は、長崎に滞在したシーボルトのお気に入りの花だったそうです。
国外追放されたシーボルトは、ヨーロッパで日本の紫陽花の花を紹介するにあたって最愛の人の名前から「オタクサ」という学名をつけたとのこと。

そんな逸話から、長崎市内のいくつかの観光スポットを紫陽花が彩るイベントとして「ながさき紫陽花(おたくさ)まつり」が5月下旬から6月中旬まで開催されているのだそうです。

この時期に長崎を訪れたのは初めてでしたので、とても貴重な風景を見ることができました。

| | Comments (0)

Jun 06, 2010

長崎・稲佐山からの夜景

福江島を後にして長崎へ。

1000万ドルの夜景と言われる稲佐山からの長崎市内の夜景を久しぶりに見てきました。

宝石をちりばめたような街の灯りはとてもきれいでした。
そして以前来た時にはなかった女神大橋の白い橋脚が浮かび上がってる姿も印象に残りましたね。

●長崎・稲佐山からの夜景(2010年6月5日撮影)
稲佐山からの夜景(1)/長崎駅付近/2010.6.5

稲佐山からの夜景(2)/長崎港周辺/2010.6.5

稲佐山からの夜景(3)/女神大橋/2010.6.5

| | Comments (0)

Jun 04, 2010

五島列島・福江島/大瀬崎断崖

長年の念願が叶い、五島列島に行く機会を得ました。

日程の関係で一番大きな島、福江島だけになってしまいましたが、回りきれないほどのステキな場所ばかりでした。

福江島の一番西に位置する大瀬崎断崖。
ここは沖縄を除いた九州本土で、一番最後に夕陽が沈む場所なのだそうです。

断崖の先端にある大瀬崎灯台は、九州本土最西端の灯台となります。
灯台の歴史は明治時代からあるとのことで、航行する船の守り神として、現在も毎晩東シナ海を照らしています。

●福江島・大瀬崎断崖(2010年6月4日撮影)
福江島・大瀬崎断崖(1)/2010.6.4

福江島・大瀬崎断崖(2)/2010.6.4

| | Comments (0)

Jun 02, 2010

第29回 横浜開港祭の花火

桜の余韻シリーズ、もう少し続くのですが、ここで一時中断してホットな話題を一つ。

今日6月2日は、横浜港の開港記念日になります。

昨年(2009年)は開港150周年という節目の年で賑わいましたが、開港151周年の開港記念日を迎えて、毎年行われているのが「横浜開港祭」も盛り上がりました。

このイベントの最後を締めくくるのは、臨港パークの洋上から打ち上げられる「ビームスペクタル in ハーバー」という花火。
関東地方で一番早い夏の花火として、3000発の花火が30分にわたって打ち上げられます。


昨年は汽車道から眺めていたのですが、今年は場所を変えて臨港線プロムナードから花火を見ることにしました。

臨港線プロムナードからみなとみらいを眺める/2010.6.2

臨港線プロムナードから見る横浜港の夜景、きれいですよね~。うっとりします。

さて花火が打ち上がるのは20時20分頃から約30分間。
ちょうど横浜赤レンガ倉庫の向こう側から花火が打ち上がる格好になりました。

横浜開港祭の花火(1)/臨港線プロムナードから/2010.6.2

横浜開港祭の花火(2)/臨港線プロムナードから/2010.6.2

横浜開港祭の花火(3)/臨港線プロムナードから/2010.6.2

横浜開港祭の花火(4)/臨港線プロムナードから/2010.6.2

横浜開港祭の花火(5)/臨港線プロムナードから/2010.6.2

横浜開港祭の花火(6)/臨港線プロムナードから/2010.6.2

横浜開港祭の花火(7)/臨港線プロムナードから/2010.6.2

音は遅れて聞こえて来ますが、それでも迫力は十分伝わります。
多少風はあったものの、気温も寒くなく、のんびりと花火を楽しむことができました。

| | Comments (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »