« May 2011 | Main | July 2011 »

Jun 29, 2011

明月院のあじさい 2011(その3)

改めて、明月院の今年のあじさいです。

●明月院のあじさい(2011年6月24日撮影)
明月院のあじさい(1)/2011.6.24

明月院のあじさい(2)/2011.6.24

| | Comments (0)

Jun 27, 2011

明月院の青地蔵

19日にはお詣りすることができなかった明月院の青地蔵。

改めてお詣りしたく、時間を作って明月院を再訪。

青地蔵は門前にいらっしゃって、静かに拝観に訪れた方々を出迎えていらっしゃいました。

●明月院の青地蔵(2011年6月24日撮影)
明月院の青地蔵/2011.6.24

無事にお詣りできて良かったです。

| | Comments (0)

Jun 25, 2011

明月院の赤地蔵

明月院の本堂の奥には庭園があります。

普段は入れないのですが、初夏と晩秋の特別な時期だけ一般公開されています。

その本堂後庭園には、青地蔵と赤地蔵の2人のお地蔵さまがいらっしゃいます。

訪れた日、青地蔵は門前にて参拝に来られた方をお出迎えに行かれた…とのことで不在。

赤地蔵は庭園の中で静かにたたずまれていました。

●明月院の赤地蔵(2011年6月19日撮影)
明月院の赤地蔵/2011.6.19

| | Comments (0)

Jun 23, 2011

明月院の花しょうぶ

特別公開されていた明月院の本堂後庭園。

庭園の中には、花しょうぶが一面に広がる風景がありました。

●明月院の花しょうぶ(2011年6月19日撮影)
明月院の花しょうぶ(1)/2011.6.19

明月院の花しょうぶ(2)/2011.6.19

明月院の花しょうぶ(3)/2011.6.19

本堂後庭園は別に拝観料を納める必要がありますが、その分ゆっくり花しょうぶを眺めることができました。

| | Comments (0)

Jun 21, 2011

明月院のあじさい 2011(その2)

拝観手続きを終えて、境内に入ってみると、たくさんの人があじさいを思い思いに愛でていました。

●明月院のあじさい(2011年6月19日撮影)
明月院(5)/あじさい/2011.6.19

青・紫・白・ピンクなど色々な色のあじさいがありますが、明月院のあじさいはほとんどが青色の「姫あじさい」です。

明月院(6)/あじさい/2011.6.19

明月院(7)/あじさい/2011.6.19

明月院(8)/あじさい/2011.6.19

拝観を終えて出てきた10時半過ぎには、入場を待つ人が門の外に200~300メートルくらいに渡ってずらっと並んでいました(^_^;;
あまり待ちたくない時は、朝早くに訪れるのが良さそうですね。

| | Comments (0)

Jun 19, 2011

明月院のあじさい 2011(その1)

『よう、お詣り下さいました』

明月院(1)/花想い地蔵/2011.6.19

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

『足下には気をつけて、ゆっくりお詣り下さい』

明月院(2)/お地蔵さま/2011.6.19


  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
久しぶりに北鎌倉の明月院を訪れました。
もちろん、この時期ですからお目当ては"あじさい"。
北鎌倉駅を下りて、線路沿いに歩き、途中から奥の道に曲がりますが、ずっと人の波が途切れずじまい。

9時半前には門前に着いたのですが、既にたくさんの方が拝観されている様子が伺えました。

●明月院(2011年6月19日撮影)
明月院(3)/2011.6.19

明月院(4)/あじさい/2011.6.19

門前のあじさいもいい感じで花開いているようですね。

それでは、中に入ってみます。

| | Comments (0)

Jun 17, 2011

「つなげよう、日本。」

5月1日、東京駅 東北・上越新幹線ホームにて。

23番線に停車していた新青森・秋田行きの「はやて・こまち119号」。
「こまち119号」となるE3系の東京寄り先頭車には「つなげよう、日本。」のステッカーが貼られていました。

「つなげよう、日本。」

秋田寄りの先頭車には「がんばろう日本!がんばろう東北!」の赤いステッカーが。

「がんばろう日本!がんばろう東北!」

まずは自分にできることから、始めていこうと思います。

| | Comments (0)

Jun 15, 2011

「天橋立」の記事をアップしました

今月の新しい記事をアップしました。

今回ご紹介しているのは「天橋立」

松島、宮島と並ぶ日本三景の一つに数えられています。

位置関係から"兵庫県"と間違って覚えている方も少なからずいらっしゃるのですが、"天橋立"があるのは京都府なのです。

記事では、天橋立と天橋立を望むスポットに注目して紹介しています。

ぜひ現地に出かけて見て、有名な「股のぞき」を体験した上で、素晴らしい天橋立の風景を楽しんでみて下さい。

●傘松公園より望む天橋立(2004年7月撮影)
傘松公園から望む天橋立

◇日本三景を訪ねて、天橋立を望む【京都】
http://allabout.co.jp/gm/gc/381327/

| | Comments (0)

Jun 13, 2011

羽田空港 国際線ターミナル

3月の終わりに羽田空港の国際線ターミナルを友人たちと訪れました。

東京スカイツリーを見た後、友人たちと羽田空港 国際線ターミナルを見学に。

●羽田空港 国際線ターミナル(2011年3月26日撮影)
羽田空港 国際線ターミナル/2011.3.26

成田空港でも感じることができる独特の雰囲気が、ここでも感じられます。
空間が大きいので、ゆったりとした感じですね。

●江戸小路(2011年3月26日撮影)
羽田空港 国際線ターミナル 江戸小路/2011.3.26

ターミナルのショッピングゾーンにある江戸小路。
ウワサには聞いていましたが、和の雰囲気が詰まっていることが良くわかりました。
外国から飛んで来られた方には、印象強い場所となるのではないでしょうか?

●展望デッキからの眺め(2011年3月26日撮影)
展望デッキからの眺め/2011.3.26

展望デッキは広々としていました。
大韓航空と別のアングルではアシアナ航空の飛行機がボーディングブリッジにくっついているのがわかりました。
都心から近いこともありますので、これからたくさんの人が利用するのでしょうね。

| | Comments (0)

Jun 11, 2011

山陽・九州直通 新幹線「みずほ」

「さくら」と車両は同じですが、山陽・九州直通 新幹線「みずほ」を新大阪駅で見かけました。

●みずほ605号 鹿児島中央行き/新大阪駅(2011年4月2日撮影)
みずほ605号の表示/2011.4.2

山陽・九州直通新幹線「みずほ605号」鹿児島中央行き(1)/新大阪駅/2011.4.2

山陽・九州直通新幹線「みずほ605号」鹿児島中央行き(2)/新大阪駅/2011.4.2

新大阪を18時前に出て、その日のうちに鹿児島中央に行けてしまうのですから、さすが新幹線という感じがしますね。

| | Comments (0)

Jun 09, 2011

フジドリームエアラインズ

静岡富士山空港を拠点とする航空会社、フジドリームエアラインズ。

静岡や名古屋小牧空港から各地に飛行機を飛ばしています。

5機ある飛行機はすべて色が違うそうで、飛行機の好きな方には興味津々ですよね。

●フジドリームエアラインズ/阿蘇くまもと空港にて(2011年4月1日撮影)
フジドリームエアラインズ/阿蘇くまもと空港/2011.4.1

| | Comments (0)

Jun 07, 2011

九州新幹線「つばめ」

全線開業した九州新幹線の主役は、九州オリジナルの800系。
真っ白な車体の6両編成の列車が博多から鹿児島中央の間を行き来しています。

●九州新幹線「つばめ」(2011年4月2日撮影)
九州新幹線「つばめ335号」熊本 行き(1)/熊本駅/2011.4.2

九州新幹線「つばめ335号」熊本 行き(2)/熊本駅/2011.4.2

九州新幹線「つばめ335号」熊本 行き(3)/熊本駅/2011.4.2

全線開業後の「つばめ」は各駅に停車する列車の愛称として使われ、駅を飛ばす速達列車は同じこの車両を使って「さくら」として運行するのだそうです。

車内は和のテイストにあふれていますので、山陽新幹線で博多まで来て、この800系に乗り換えるというのも楽しいですね。

| | Comments (0)

Jun 05, 2011

山陽・九州直通 新幹線「さくら」

2011年3月12日に博多-鹿児島中央間が全線開業した九州新幹線。

全線開業と共に新大阪から山陽新幹線経由で九州新幹線へ直通する列車が走り始めました。

列車の愛称は「みずほ」と「さくら」。
どちらも東京-九州間の寝台特急として親しまれた愛称が、復活した形になります。

直通運転用に導入されたのは、東海道・山陽新幹線で活躍中のN700系を山陽・九州新幹線向けにアレンジしたもの。
東海道・山陽新幹線のN700系は白色ですが、山陽・九州新幹線向けのN700系は白藍色という薄い青色をまとっています。

●山陽・九州直通新幹線「さくら」(2011年4月2日撮影)
山陽・九州直通新幹線「さくら550号」新大阪 行き(1)/熊本駅/2011.4.2

山陽・九州直通新幹線「さくら550号」新大阪 行き(2)/熊本駅/2011.4.2

山陽・九州直通新幹線「さくら550号」新大阪 行き(3)/熊本駅/2011.4.2

新大阪から鹿児島中央までは、「さくら」で4時間強、速達タイプの「みずほ」で3時間45分程度という到達時間。
昔から考えると驚異のスピードですね。

これから沿線がどんどん発展していくことを祈ります。

| | Comments (0)

Jun 03, 2011

SL人吉

九州で唯一残る蒸気機関車(SL)は、大正生まれの8620形蒸気機関車 58654号機。

蒸気機関車のリバイバル運転が各地で始まる中、JR九州の手により静態展示から復帰し、1988年から2005年まで17年間にわたってに熊本から阿蘇・宮地を結ぶ「SLあそBOY」として運行されていました。
しかし、大きな故障を起こして休車となり、古い蒸気機関車故に復帰は無理か…との声もありましたが、長い修復期間を経て2009年に見事復帰しました

復帰後は、熊本から八代経由で肥薩線の人吉までに運行区間が変わり、列車名も「SL人吉」を名乗っています。

熊本駅5番ホームにて、タイミング良く「SL人吉」を見る機会ができました。

●JR九州 SL人吉(2011年4月2日撮影)
JR九州 SL人吉 人吉行き(1)/熊本駅/2011.4.2

JR九州 SL人吉 人吉行き(2)/熊本駅/2011.4.2

JR九州 SL人吉 人吉行き(3)/熊本駅/2011.4.2

JR九州 SL人吉 人吉行き(4)/熊本駅/2011.4.2

黒光りした58654号機には、SL人吉のヘッドマークが付けられています。
後ろの客車3両もシックな雰囲気で、横のロゴがJR九州らしいデザインだなぁ…と感じました。

定刻9時44分、乗客を乗せた「SL人吉」は、大きな汽笛と共に煙突から煙を吹き上げて熊本駅を出発しました。

JR九州 SL人吉 人吉行き(5)/熊本駅/2011.4.2

JR九州 SL人吉 人吉行き(6)/熊本駅/2011.4.2

もくもくと煙を上げながら「SL人吉」は、人吉へ…。

今回は時間の関係でホームで見送るだけになってしまったのですが、次回機会ができたらぜひ乗ってみたいですね。

| | Comments (0)

Jun 01, 2011

人吉周遊バス じゅぐりっと号

人吉駅前ではレトロバスを見かけました。

このバスは人吉周遊バス「じゅぐりっと号」です。

●人吉周遊バス じゅぐりっと号(2011年4月1日撮影)
人吉周遊バス じゅぐりっと号/人吉駅前/2011.4.1

人吉城跡、青井阿蘇神社、願成寺など、人吉の観光スポットをぐるっとまわるバスです。

ちなみに「じゅぐりっと」とは、人吉球磨地方の言葉で「物の周囲をぐるりと一回りする」という意味だとか。

ぴったりのネーミングですよね。

| | Comments (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »