« January 2012 | Main | March 2012 »

Feb 28, 2012

東京ゲートブリッジ(その2)

2012年2月12日に開通した東京ゲートブリッジ。
お台場・青海から見てきました。

●東京ゲートブリッジ(2012年2月26日撮影)
東京ゲートブリッジ(1)/2012.2.26

東京ゲートブリッジ(2)/2012.2.26

東京ゲートブリッジ(3)/2012.2.26

真横から見るとこういう感じで見えるんですね。

時期を見て、渡りに行きたいです。


|

Feb 26, 2012

お台場に帰ってきたガンダム!

2009年の「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」で大いに話題を振りまき、2010年には静岡でビームサーベルを持つ姿を披露した、実物大のガンダム立像。

2012年を迎えて、ついにお台場に帰ってきました。

●建設中のダイバーシティ東京に現れたガンダム立像(2012年2月26日撮影)
建設中のダイバーシティ東京に現れたガンダム立像(1)/2012.2.26

建設中のダイバーシティ東京に現れたガンダム立像(2)/2012.2.26

建設中のダイバーシティ東京に現れたガンダム立像(3)/2012.2.26

建設中のダイバーシティ東京に現れたガンダム立像(4)/2012.2.26

2009年の時は、東京港沿いの潮風公園に置かれたガンダム立像ですが、今回は台場地区に建設中のダイバーシティ東京に置かれました。
ビルを背後に立つ形で、ビームサーベルは持たない模様。

ダイバーシティ東京には、機動戦士ガンダムの世界観を満喫できるという「ガンダムフロント東京」という施設か造られるそうで、ガンダム立像はそのモニュメントという存在になるようですね。

オープンした後は、きっと多くの人を集めるのかなぁ…と思います。


|

Feb 24, 2012

「河津桜」の記事をアップしました

今月の新しい記事をアップしました。

今回ご紹介しているのは「河津桜」

早咲きの桜として、すっかり有名になったカワヅザクラの発祥の地は、伊豆半島の河津です。
毎年2月中旬から2月下旬にかけて、ピンク色の河津桜が美しい桜並木となる風景は、早春の風物詩として毎年ニュースにも取り上げられるょうになりました。

そんな素敵な風景と、国内では珍しい間欠泉が噴き出す峰温泉の大噴湯をご紹介しています。

例年だと今が見頃なのですが、今年に限っては厳しい寒さが続いていたので2週間ほど遅れているそうです。
これから計画を立てても十分に間に合いますので、少し早く春を感じに河津まで出かけてみて下さい。

●河津桜の桜並木(2006年3月5日撮影)
河津桜の桜並木

◇早春の桜を満喫しよう!河津桜の桜並木へ【静岡】
http://allabout.co.jp/gm/gc/390788/


|

Feb 22, 2012

十日町雪まつり 2012(その3)

急坂を登り切って、雪上カーニバルの会場がある城ヶ丘ピュアランドに到着。

毎年大きな雪像が造られるのですが、今年はいろいろな意味を込めて、イタリアのパルテノン神殿が造られていました。

●十日町雪まつりの雪像(2012年2月18日撮影)
十日町雪まつりの雪像(12)/パルテノン神殿/2012.2.18

17時より、雪上カーニバルがスタート。

司会の女性アナウンサーとサンドウィッチマンのお二人のトークをはさみつつ、Yuccaさんの素敵な歌声でカーニバルが始まり、Best Partnerのライブステージ、十日町のきものショー、よさこいをベースにした地元の人たちの踊りと南三陸から招かれた皆さんの踊りの披露、mihimaru GTのライブ、ゴスペラーズのライブと盛りだくさんの2時間があっという間に過ぎていきました。

そして、雪上カーニバルの最後を飾る雪花火。
ステージの人も、観客も皆、夜空を見上げていました。

●十日町雪まつり・雪上カーニバルの雪花火(2012年2月18日撮影)
十日町雪まつり・雪上カーニバルの雪花火(1)/2012.2.18

十日町雪まつり・雪上カーニバルの雪花火(2)/2012.2.18

十日町雪まつり・雪上カーニバルの雪花火(3)/2012.2.18

感動のカーニバルが終了し、ゆっくりと観客の皆さんが帰りますが、混雑を避けて少し後から帰ることにしました。

明かりに照らされたパルテノン神殿の雪像がさらに神秘的に見えたことは言うまでもありません。

十日町雪まつりの雪像(13)/パルテノン神殿/2012.2.18

雪上カーニバルの会場から、積もった雪がカチンコチンに凍った急坂をゆっくりと下り、十日町駅に向かって歩いて行きます。

帰り道でも雪像を楽しむことができました。
素敵だったのは、JR飯山線側にあたる十日町駅東口の雪像。
ライトアップされていて、幻想的な雰囲気を漂わせていましたね。

●十日町雪まつりの雪像(2012年2月18日撮影)
十日町雪まつりの雪像(14)/キティ/2012.2.18

十日町雪まつりの雪像(15)/十日町雪まつり歓迎門/2012.2.18

本当に素敵なイベントでした。
ぜひ次の機会を作って訪れたいと思います。

|

Feb 20, 2012

十日町雪まつり 2012(その2)

十日町雪まつりの雪像は、市内中心部だけでなく郊外にもたくさんのひろばがあり、様々な雪像が楽しめます。

その雪像めぐりをサポートするため、雪まつり期間中は、市街地巡回バスやひろば巡りバスが運行されています。
全部のひろばはカバーできていないものの、車がなくてもある程度遠くのひろばへ移動することができます。

このひろば巡りバスを使って、当間(あてま)高原にあるベルナティオひろばへ向かいました。

市街地中心部から約30分ほどで、当間高原ベルナティオリゾートに到着。

ここには、万里の長城と龍、天空の城ラピュタ、そして地元の中学生が作成した雪像が展示されていました。

●十日町雪まつりの雪像(2012年2月18日撮影)
十日町雪まつりの雪像(7)/万里の長城と龍/2012.2.18

十日町雪まつりの雪像(8)/天空の城ラピュタ/2012.2.18

十日町雪まつりの雪像(9)/天空の城ラピュタ/2012.2.18

圧巻は天空の城ラピュタの雪像(クリックで拡大画像を別ウィンドウに表示します)。
雪まつりの一環で行われる雪の芸術作品コンテストで十日町青年会議所理事長賞を獲得しています。

しんしんと粉雪が降るので、わかりにくい所もありますが、ラピュタの世界観がはっきりと現れていることがわかりますね。
素晴らしいものを見ることができました。

---

ベルナティオひろばでの見学を見終わった後は、ひろば巡りバスで市内中心部に戻り、メインイベントである雪上カーニバルの会場へ。

既に多くの人たちが向かっている列に混ざって、城ヶ丘ピュアランドへ歩きます。
雪で足下が悪い中、きつめの坂を登っていくので、雪道に慣れていない人は慎重に歩かざるを得ませんが、皆さんすいすいと登られています(苦笑)

急坂に入る直前にあるウェルカムひろばでは、スタジオジブリ関連の雪像がありました。

千と千尋の神隠しを描いた雪像では、カオナシになって雪像と一緒に記念撮影ができるようになっていましたね。

●十日町雪まつりの雪像(2012年2月18日撮影)
十日町雪まつりの雪像(10)/千尋になってあそぼ/2012.2.18

十日町雪まつりの雪像(11)/千尋になってあそぼ/2012.2.18


|

Feb 18, 2012

十日町雪まつり 2012(その1)

長い歴史を誇り、現代雪まつりの発祥と言われる「十日町雪まつり」。

初めて実際に見に行ってみました。

●十日町雪まつりのポスター(2012年2月18日撮影)
十日町雪まつりのポスター/2012.2.18

最寄り駅はJR飯山線・北越急行(ほくほく線)の十日町駅。
越後湯沢から十日町まで、ほくほく線経由で1時間かからない距離です。

雪まつりでは、十日町の市街地の至る所に大小の雪像が飾られます。

ほくほく線の十日町駅(西口)には、ガチャピンの雪像があったり、町中にはワンピースのチョッパーや、辰年にちなんで龍の雪像などが見られましたね。

●十日町雪まつりの雪像(2012年2月18日撮影)
十日町雪まつりの雪像(1)/ガチャピン/2012.2.18

十日町雪まつりの雪像(2)/チョッパー/2012.2.18

十日町雪まつりの雪像(3)/早稲田大学 大隈講堂/2012.2.18

十日町雪まつりの雪像(4)/ドラゴン/2012.2.18

---

気温はマイナス2度程度、しんしんと粉雪が降る中、雪まつりの雪像を見て歩き、到着したのは十日町高校グラウンドを使ったコミュニティひろば。

ここには龍の雪像や、タイヤチューブに乗って滑り降りることができる巨大すべり台、そしてワンピースからサウザンド・サニー号の雪像、雪上茶室の入口である門を見ることができました。

●十日町雪まつりの雪像(2012年2月18日撮影)
十日町雪まつりの雪像(5)/サウザンド・サニー号/2012.2.18

十日町雪まつりの雪像(6)/雪上茶室の入口/2012.2.18

ちょうどイベントが行われていて、ミス・観光親善大使の方々がステージで紹介されていました。
地元・十日町のミス十日町雪まつりの3人と横浜、鹿児島・指宿から招待された観光親善大使がそれぞれPRされていましたね。


|

Feb 16, 2012

尖閣湾揚島遊園

昨年夏の佐渡の旅の続きです。

相川からほど近い所にある尖閣湾(せんかくわん)揚島遊園は、佐渡を代表する景勝地の一つです。

●尖閣湾揚島遊園(2011年8月2日撮影)
尖閣湾揚島遊園(1)/2011.8.2

尖閣湾揚島遊園(2)/2011.8.2

尖った岩と青い海が織りなす風景が印象に残りましたね。


|

Feb 14, 2012

東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション

千葉県袖ヶ浦市にある東京ドイツ村。

ここでは、毎年冬に美しいイルミネーションが展開されるのだそうです。
初めて行ってみました。

感想は…というと、もの凄い!の一言です。

カラフルな光が生み出すメルヘンチックな空間に酔いしれてしまいました。

●東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション(2012年2月11日撮影)
東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション(1)/2012.2.11

東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション(2)/2012.2.11

東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション(3)/2012.2.11

東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション(4)/2012.2.11

東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション(5)/2012.2.11

東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション(6)/2012.2.11

東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション(7)/2012.2.11

東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション(8)/2012.2.11

東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション(9)/2012.2.11

東京ドイツ村のウィンターイルミネーションですが、バレンタインデー以降は週末開催で3月4日まで行われるとのこと。
デザインは毎年変わるということなので、次の年も機会を見つけて見に来たいですね。


|

Feb 12, 2012

DL & SL内房100周年記念号

蘇我駅から木更津・館山まわりで安房鴨川を結ぶJR内房線と、木更津から上総亀山までのJR久留里線の木更津-久留里間が今年開業100周年を迎えるとのこと。

これを記念して、2月10日から12日まで京葉線 千葉みなと駅と内房線 木更津駅の間に快速列車「内房100周年記念号」が運転されました。

普段は高崎にいる旧型客車7両を、千葉みなと側はディーゼル機関車 DE10型が、木更津側は蒸気機関車 C61 20号機が牽引。

午前中の運転は「DL内房100周年記念号」として、木更津から千葉みなとへの運転。
C61 20号機は後退運転という形になりました。

●DL内房100周年記念号(2012年2月11日撮影)
DL内房100周年記念号(1) DL DE10 1752号機/木更津駅/2012.2.11

DL内房100周年記念号(2) SL C61 20号機/木更津駅/2012.2.11

C61 20号機は、静態保存から奇跡的に昨年復帰した蒸気機関車。
久しぶりに体中に響き渡る蒸気機関車の汽笛を間近で聞くことができました。

バックで進んで行く蒸気機関車というのもなかなか見る機会がないですよね。
貴重な体験になりました。

---

午後の運転は「SL内房100周年記念号」として、C61 20号機が先頭に立ちます。

普段はE233系5000番台などの通勤電車が行き来する千葉みなと駅の2番ホームに列車が入線。
日中ということもあり、たくさんの人々が千葉みなと駅に集まりました。

●SL内房100周年記念号(2012年2月11日撮影)
SL内房100周年記念号(1) DL DE10 1752号機/千葉みなと駅/2012.2.11

SL内房100周年記念号(2) 旧型客車/千葉みなと駅/2012.2.11

SL内房100周年記念号(3) SL C61 20号機/千葉みなと駅/2012.2.11

SL内房100周年記念号(4) SL C61 20号機/千葉みなと駅/2012.2.11

多くの人々が見守る中、SL内房100周年記念号は定刻に千葉みなと駅を出発。
高らかに響く汽笛と共に煙を吐いて木更津に向かっていきました。

こうやって蒸気機関車が走っていくシーンをまた見ることができるのを楽しみにしたいですね。


|

Feb 10, 2012

東京ドームシティ ウィンターイルミネーション

東京ドームシティのラクーア前で毎年冬に行われているウィンターイルミネーション。

●東京ドームシティ ウィンターイルミネーション(2012年2月9日撮影)
東京ドームシティ ウィンターイルミネーション(1)/2012.2.9

東京ドームシティ ウィンターイルミネーション(2)/2012.2.9

東京ドームシティ ウィンターイルミネーション(3)/2012.2.9

東京ドームシティ ウィンターイルミネーション(4)/2012.2.9

「MILKY WAY」「STARDUST GATE」「GARAXY DOME」「STARDUST SHOWER」というそれぞれ異なる個性を持つ光のアートが楽しめました。

バレンタインデーまで見られるとのことです。


|

Feb 08, 2012

春節の横浜中華街 2012

横浜中華街は、ちょうど春節の時期ということもあり、とてもにぎやか。

●春節の中華街(2012年2月4日撮影)
春節の中華街(1)/2012.2.4

春節の中華街(2)/2012.2.4

春節の中華街(3)/2012.2.4

春節の中華街(4)/2012.2.4

懇親会ではおいしい中華料理をたくさん頂きました♪


|

Feb 06, 2012

みなとみらいの夕暮れ

先週の土曜日は懇親会ということで、中華街での食事会に出かけました。

少し早めに家を出たので、時間まで大さん橋国際客船ターミナルに立ち寄ります。

ちょうど夕焼けがみなとみらいの空を染め上げようとしている所でした。

●みなとみらいの夕暮れ(2012年2月4日撮影)
みなとみらいの夕暮れ(1)/2012.2.4

みなとみらいの夕暮れ(2)/2012.2.4

みなとみらいの夕暮れ(3)/2012.2.4

そしてビルの隙間から見えたのは富士山。
立春のちょっと暖かな空気の中で、一段と美しいシルエットを見せてくれました。


|

Feb 04, 2012

東京ゲートブリッジ

江東区若洲と中央防波堤の間に建設が進められていた東京ゲートブリッジ。
2012年2月12日にいよいよ開通するとのこと。

●東京ゲートブリッジ(2011年11月4日,2012年2月2日撮影)
東京ゲートブリッジ(1)/2012.2.2

東京ゲートブリッジ(2)/2012.2.2

東京ゲートブリッジ(3)/2011.11.4

東京ゲートブリッジ(4)/2012.2.2

この道路は湾岸道路(国道357号線)の混雑緩和を目的として作られた東京港臨海道路の一部だそうです。
近隣に羽田空港があるので、背の高い橋は架けられず、でも水路を通る船のことを考えて、海面からの高さはある程度取る必要があることから、こんなユニークな形になったとのこと。

橋の形がある程度出来上がった頃より、その形から「恐竜橋」という呼び名が広まっています。

開通したら、一度は走りに行きたいですね。


|

Feb 02, 2012

葛西臨海公園のすいせん 2012

1月9日から2月19日まで行われている葛西臨海公園の水仙まつり。

伊豆・下田から送られたすいせんの花が、花とダイヤの大観覧車のそばで咲いています。

●葛西臨海公園のすいせん(2012年2月2日撮影)
葛西臨海公園 水仙まつりのポスター/2012.2.2

葛西臨海公園のすいせん(1)/2012.2.2

葛西臨海公園のすいせん(2)/2012.2.2

葛西臨海公園のすいせん(3)/2012.2.2

1月下旬の大雪の影響で茎が倒れてしまったものも結構あるのですが、それでも日差しを浴びて咲くすいせんの花はきれいでした。


|

« January 2012 | Main | March 2012 »